Aプロの写真家であるスティーブン・タヨの旅行の通常の理由は仕事のためです。 しかし、2019年にマラケシュのソロを訪れて以来、彼は友達全員がどれだけ行く必要があるかについて友達に絶賛していました。 コビッドの制限の下で1年後に退屈した彼は、最終的には故郷のナイジェリアのラゴスから5人の友人を集めて、ミニロードトリップに参加しました。 グループはタヨの愛するマラケシュで始まり、少しペースを落とすためにビーチに向かうことにしました。

インサイドサタデーニュースレターにサインアップして、雑誌の最大の機能の作成と毎週のハイライトの厳選されたリストの舞台裏を独占的にご覧ください。

「私たちはバスを借りて海岸のエッサウィラに向かいましたが、何か面白いものを見たときはいつでも立ち止まりました。 道端でのコーヒーブレイクの直後、山羊でいっぱいのこの木が避難して休んでいるのを見ました」とタヨは言います。

彼のミューズは通常人間の形をしていますが、彼はこれまで木の中でヤギを見たことがありませんでした。 「私はそれが壮観だと思いました」と彼は言います。 「彼らはとてもリラックスして穏やかでした。 私たちの運転手は、彼らを所有している友好的な農民に近づく許可を求めるのを手伝ってくれました。 私は彼らを邪魔する必要はありませんでした–たまたま私たちの道を見ている人もいました。」

結局、タヨは友人の10日間の旅行中に、カメラを手にしたのは2、3回だけでした。 「私は自分自身のためにそれをもっと文書化していました」と彼は言います。

You may also like

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.