フィンランドはスウェーデンとノルウェーに加わり、この冬、オオカミの個体数を管理するために殺処分を行っています。保護団体が欧州連合に虐殺に反対する行動を取るよう呼びかけているためです。

スウェーデンのハンターはすでに27頭のオオカミの年間目標のほとんどを射殺しましたが、フィンランドは7年間の最初の「人口管理カリング」で20頭のオオカミの殺害を承認する予定です。

ノルウェーはこの冬、オオカミの約60%(51頭)を殺し、スウェーデンとノルウェーの間に生息する動物を含む人口を4〜6頭に制限して、国内で最大3頭の繁殖ペアを維持します。

北欧諸国は、西ヨーロッパでオオカミにとって最も敵対的な環境を作り出し、この種を保護するEU法を無視していると非難しています。これは、近年復活しましたが、多くの国で絶滅の危機に瀕しています。

「それは恐ろしい状況です」と、ノルウェーのオオカミ狩りに挑戦している動物の権利団体であるノアの最高経営責任者であるシリ・マルティンセンは言いました。 「ノルウェーのオオカミの管理は制御不能であり、一部の人々がオオカミを嫌うため、彼らはオオカミを撃っているだけです。 種を絶滅の危機に瀕しているレベルに保つことは法外です。」

ノルウェーでは、国の5%がオオカミ保護区に指定されており、オオカミの保護が優先されています。 それにもかかわらず、ノアとWWFノルウェーおよびAssociation Our Predatorsによる訴訟が成功しない限り、この冬、保護区域内で25匹のオオカミが殺されます。

保護区域外で発見されたオオカミは繁殖が許可されておらず、地域委員会が家畜または半家畜化されたトナカイに「脅威を与える可能性がある」と判断した場合、殺されます。

ノルウェーはEU加盟国ではありませんが、野生生物グループは、そのオオカミの群れがヨーロッパの野生生物と自然生息地の保護に関するベルン条約に違反していると述べています。

ノルウェーの気候環境大臣のクリスチャン・アントン・スメドショーグ国務長官は、次のように述べています。ノルウェーのさまざまな社会的見解。

「ノルウェーで大型肉食動物を管理する上での主な関心事は、家畜の放牧を維持し、損失をできるだけ少なくすることです。 さらに、畜産は文化的景観や生物多様性などの一般的な商品にも貢献しています。

「オオカミは狩猟動物を捕食します。その結果、オオカミの存在は地元での狩猟に影響を与える可能性があります。 オオカミはまた、大小の狩猟に使用される犬に脅威を与える可能性があります。 しかし、狩猟への影響を減らすことは、人口目標の背後にある主な目的でも、大型肉食動物の管理における主な焦点でもありません。」

スウェーデンでは、野生生物グループは、2020-21年の395人の推定人口がその冬の終わりまでに300人を下回る可能性があると述べています。

NGOのSvenskaRovdjursföreningenの議長であるMagnusOrrebrantは、次のように述べています。 「300は低すぎることをEUに通知しました。 1,000匹以上のオオカミを収容できる生息地があります。」

「ノルウェー、スウェーデン、フィンランドの共通の分母は、政治家を心配させる強力な狩猟組織です」とOrrebrant氏は付け加えました。 「この冬、彼らが狩りをしているパックのいくつかの近くに農場はありません。 オオカミは何の問題も引き起こしていませんが、ヘラジカを狩るのに重要な場所であり、ハンターはヘラジカの個体数を増やしたいと考えています。」

ハンターはまた、北欧諸国でゲームや鹿を追跡するために広く使用されている、高く評価されている狩猟犬を殺すため、オオカミに反対します。

オオカミの管理を任されている農林省のサミ・ニエミ氏によると、フィンランドのオオカミの個体数は1世紀で最も多い300人です。

フィンランド自然資源研究所によるモデリングによると、遺伝的に健康なオオカミの個体数は500を超えるはずです。

「長期的な目標は、オオカミの個体群の遺伝的生存能力に到達することです」とニエミは言いました。 「私たちが経営者狩りの目標を設定したとき、私たちは人口減少を目指していなかったことを考慮に入れました。 管理ハントの目標は、特にオオカミと環境を共有する人々の間で、オオカミの個体数に対する耐性を高めることです。」

議論の中で、オオカミの群れは、オオカミの個体数が管理されていることを心配している農村コミュニティを安心させ、それによって違法な殺害を減らします。密猟の問題。 当局はそれを防ぐために本当に行動すべきです。

「野生生物に対する態度を変える必要があります。 オオカミの利点について話すことは重要です。オオカミは健全な生態系で重要な役割を果たしますが、オオカミに関するニュースはかなりマイナス面に集中しています。」

Mammal ConservationEuropeの創設議長であるFionaMatthews教授は、次のように述べています。 特に人口密度が低いことを考えると、これらの国々は捕食者と一緒に暮らすことができると思います。 それは狩猟の利益とオオカミが猟犬にとって危険であるという議論によって動かされているようです。」

フィンランドとスウェーデンの野生生物グループは、欧州委員会と欧州司法裁判所にオオカミの殺害を違法と宣言するよう訴えましたが、両国政府は生息地指令からの逸脱が合法的な殺害を認めていると主張しています。

ノルウェーでは、マーティンセンは他のヨーロッパ諸国に「ベルン条約に介入して苦情を申し立てることで、ノルウェーが絶滅政策を容認し、これらの条約を書面に値しないものにする方法を先導している状況を阻止できるようにする」と呼びかけました。

You may also like

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.