Home » ポルシェは、718ケイマンGTS4.0と718ボクスターGTS4.0をラインナップに追加しました

ポルシェは、718ケイマンGTS4.0と718ボクスターGTS4.0をラインナップに追加しました

by nipponese
0 comment

ポルシェは、ミッドエンジンのスポーツカーポートフォリオに2つの新しい高性能モデルを追加しました。718ケイマンGTS4.0と718ボクスターGTS4.0です。 ケイマンは1.46ルピーの値札を持っていますが、後者は1.50ルピー(元ショールーム、インド)で販売されています。

GTSツインに動力を供給するのは、4.0リッターの自然吸気水平対向6気筒ガソリンエンジンで、6速マニュアルまたはポルシェのPDKデュアルクラッチオートマチックギアボックスと組み合わせることができます。 数値のトピックでは、エンジンは400hpと420Nmのピークトルクを提供しますが、オートマチックギアボックスと組み合わせると、トルク出力は最大430Nmになります。 ポルシェによると、最高速度は293kphであるのに対し、0から100kphは4.5秒でカバーされます。

ポルシェは、両方のモデルに、標準車と比較して、より大きな吸気口を備えたGTS仕様のフロントエプロンを追加しました。 後部には、光沢のある黒の仕上げのステンレス鋼のテールパイプがあります。 GTSモデルは20インチの黒い合金ホイールに乗っています。 また、ボディにGTS 4.0バッジを見つけて、これらの双子を他のモデルと区別することもできます。

機能に関しては、リストには、車高を20mm(GT4では30mm)下げる自動車メーカーのアクティブサスペンション管理ダンピングシステムと、トルクベクタリングを備えた機械式リアデフが含まれています。 ポルシェセラミックコンポジットブレーキはオプションで利用可能です。 718 GTS 4.0のその他の機能は、TPMS、6ピストンおよび4ピストンのアルミニウムブレーキキャリパー(フロントとリア)、電動パーキングブレーキ、およびアダプティブシリンダー管理です。

ポルシェGTSツイン

ポルシェGTS4.0ツインに入ると、コックピットでRace-Texマイクロファイバー張りが使用されていることがわかります。 他のクールなタッチは、GTスポーツステアリングホイール、スポーツシート、7.0インチインフォテインメントシステム、スポーツクロノパッケージ、および8スピーカーサウンドシステムです。

インドでのポルシェの他の最近の発売には、タイカンシリーズ、マカン、パナメーラプラチナエディションが含まれます

You may also like

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.